おしゃれなマタニティフォトを残すには?〜知っておきたい基礎知識編

日本でも一般的になりつつあるマタニティフォト。
ドレスやカジュアルウェアなどの衣装、スタジオやロケーションなど、どうやって選れば良いんだろう?
マタニティペイントも聞いたことがあるけど、どうしたら良いんだろう?
と、よくわからないことだらけ。

今回は、おしゃれなマタニティフォトを撮るために知っておきたいことをまとめました。
エミリィならご希望に合わせてマタニティフォト撮影予約が可能です♪
ぜひ基礎知識を得て「こんなマタニティフォトを撮りたい!」を実現してください!

女性の特権とも言える妊婦姿。

この時期だけの神秘的な姿として残したいというだけでなく、
これから産まれてくる赤ちゃんに「こんなに大事に思っていたんだよ」というメッセージにもなります。

エミリィのマタニティフォト出張撮影 by リーフウェディング(渡辺 英史)
エミリィのマタニティフォト出張撮影 by リーフウェディング(渡辺 英史)
エミリィのマタニティフォト出張撮影 by リーフウェディング(渡辺 英史)
photo by リーフウェディング(渡辺 英史)

この時期ならはのお腹の変化を楽しみ、その変化を愛おしく感じながら愛情のこもった素敵な写真を残して、赤ちゃんが生まれた時にも見せてあげられるといいですよね。

マタニティというとヌードのイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
お腹のラインが綺麗に出る柔らかい素材のドレスを着たり、カジュアルな服を工夫してスタイリングしたり。いろんなスタイルのマタニティフォトがあります!
特にエミリィがおすすめしているのは、カジュアルな服装でのロケーション撮影。
お気に入りの場所を旦那さんと散歩する感覚で、ナチュラルな写真が残せます。

お腹の中にいる赤ちゃんとの、記念撮影。
一生のうちでわずかしかない素敵な瞬間を、プロに撮ってもらいましょう。

【関連記事】春の公園でアットホームなマタニティフォト♥撮影レポート

マタニティフォトって?

マタニティフォトとはお腹の大きい妊婦さんの姿を撮った写真のこと。
海外ではマタニティフォト専門のプロカメラマンがいるくらい浸透しています。

最近は、妊婦ならではのお腹の変化を楽しみ、その変化を愛おしいものという考え方で覆い隠すのではなく、
お腹が大きいことを楽しめるようなファッションも浸透してきました。

妊婦になった芸能人が素敵なマタニティフォトを撮って公開しているのを見たことのある方も多いと思います。

お腹の中にいる赤ちゃんとの初めての記念撮影。
一生のうちで一番幸せな時期と言ってもいいくらい素敵な瞬間をおさめる特別な撮影です。

サンブルームのマタニティフォト

マタニティフォトに適している時期は?

お腹の大きさが目立ち始めた7~9か月くらいにかけて撮る方がほとんど。
臨月になると特に初産婦さんの場合はいつ何が起こるか分からないため、避けた方が良いでしょう。
特に屋外での撮影を希望されている方は、なるべく早めがおすすめ。

また、身体が冷えてはいけないので、真冬の時期はご自宅やスタジオなど、室内の方が無難かもしれません。
無理がかからないよう、自分の体調とよく相談しながら決めてくださいね!

撮影する前に考えておくことは?

エミリィのマタニティフォトプランは、すべて「全データお渡し」になります。
最終的な枚数がどんなに多くても、追加料金なしで全て受け取ることができます。
それ以外に、どんな撮影がしたいか考えて、プランを決めましょう!

撮影場所は? 屋外orスタジオ

基本的には、どんな場所でも大丈夫です。人目の気にならないなら、野外も外光の中で素敵な写真が残せます。
恥ずかしい方は家の中(ご自宅)でももちろんOK。赤ちゃんのグッズやメッセージなどのアイテムを用意して撮ると良いでしょう。

スタジオが良い方向けに、スタジオプランをご用意しています。

Yuki shimadaのマタニティフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのマタニティフォト

何を着て撮影する?どんな雰囲気の写真がいい?

白黒など欲しいカットがある場合は事前にフォトグラファーに伝えましょう。
また、お肌の質感の調整などのレタッチは込みですが、大幅な編集をご希望の場合はオプションで可能な場合があります。

お腹を見せるのが恥ずかしい場合は?

お腹の形がわかりやすい衣装の撮影で問題ありません。
お腹を見られるのが恥ずかしい場合は、女性フォトグラファーにお願いするのも良いかもしれません。

撮影場所はどうする?

他の方に見られるのが恥ずかしい場合は、室内だと安心です。
ご自宅も思い出になって良さそうですよね。
また、普段の格好で撮影するなら思い出の場所など明るい光が当たる外での撮影もオススメです。

【関連記事】春の公園でアットホームなマタニティフォト♥撮影レポート

おすすめの衣装って?

ヌードというイメージもあるマタニティフォトですが、必ずしも肌を露出する必要はありません。
ドレスでもカジュアルでも、好きな衣装でOKです。

しなやかで伸縮性があるワンピースやロングスカート、チューブトップやベアトップにスカートやショートパンツを合わせたコーディネートなど、お腹が目立つ衣装がおすすめです。

ストライプのトップスでメリハリコーデ♪

ニット素材もおすすめ。シャツのボタンを空けるスタイルなら、キリッと決まります^^

もちろん、ウェディングドレスでのマタニティフォトも素敵です。初めてのお子様なら是非♥

今泉真也のウェディングマタニティフォト
photo by 今泉真也
今泉真也のウェディングマタニティフォト
photo by 今泉真也
今泉真也のウェディングマタニティフォト
photo by 今泉真也

メッセージと一緒に

カラフルでポップな文字はアイロンビーズにおまかせ!
ウェディングフォトでも定番のプロップスや、存在感ある黒板も!

マタニティ ベリーペイント

手の込んだベリーペイントはまさにアート!
らくがき感覚で書くメッセージもアクセントになって可愛いです。

撮影:

Kaoru Photography
アトリエ カーシャ
リーフウェディング(渡辺 英史)

水の中でアートのように

エコー写真と一緒に

どんな写真を撮ったらいいか迷ったら?

どんなテーマがいいか、どんな雰囲気で撮ったら良いのか迷ったら、たくさんの写真を見てイメージを拡げてみましょう!
あなたらしいイメージがきっと見つかるはず!

可愛らしい印象のマタニティフォト

Yuki shimadaのマタニティフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのマタニティフォト

可愛らしい雰囲気が好きな方は、お花やぬいぐるみなどの小物と一緒に。お腹に巻くリボンなどがあっても可愛いです!
お気に入りのアイテムで、幸せいっぱいな雰囲気のマタニティフォトに♥

季節感のあるマタニティフォト

Yuki shimadaのマタニティフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのマタニティフォト

野外でのロケーション撮影ならではの、桜や緑、紅葉などを取り入れたマタニティフォト。
季節の風景は、写真を優しく爽やかな印象に仕上げます。

神秘的な雰囲気のマタニティフォト

モノクロ写真は神秘的でアーティスティックに仕上がります。
お肌の露出が気になる方も、モノクロなら思いきれそう!
ドラマティックな印象にもなるので、凛とした力強さを表現したい方にはモノクロがおすすめです♥

Yuki shimadaのマタニティフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのマタニティフォト

明るくハッピーな印象のマタニティフォト

光を取り入れて、明るく。 安心して任せられるフレンドリーなフォトグラファーに依頼して、リラックスした雰囲気で撮影してもらいましょう。

tumiki photoのマタニティフォト
photo by tumiki photo

いかがでしょうか?
エミリィなら実績豊富で信頼できるフォトグラファーが必ず見つかります!
妊娠中のこの時期にしか撮れない、 ずっと残したい写真を撮影してくださいね。

【関連記事】春の公園でアットホームなマタニティフォト♥撮影レポート




この記事に関連するキーワード