knot wedding photography(鈴木 瞳)が出張撮影した写真一覧

knot wedding photography(鈴木 瞳)が出張撮影した写真一覧です。
お宮参り・七五三・お誕生日などの記念に出張撮影した写真以外にも、家族写真(キッズ,ベビーフォト)などのキーワードがつけられている写真が0枚あります。

knot wedding photography(鈴木 瞳)

knot wedding photography(鈴木 瞳)

英語 日本語

このカメラマンの出張撮影エリア

神奈川県
その他 出張可能なエリア
神奈川

knot wedding photography(鈴木 瞳)について

Knotという言葉は、日本語にすると、「船の進む速度」、そして「結目」という意味があります。
私らしいウェディングフォトにふさわしい言葉を探し考えていたところ、 大切な友人にこの言葉を教えていただきました。

私がウェディングフォトグラファーを始めるきっかけになったのは、船のフォトグラファーをしていたことでした。
そしてそこで出会った人たちによってウェディングフォトに出会いました。
そしてKnotという言葉は船には欠かせないものです。

高校をドロップアウト後、17歳の時にバックパッカーとしてヨーロッパ各国を二ヶ月にわたり放浪。
放浪中イタリアで出会った俳優津田健次郎氏が持っていたNikonの一眼レフと
彼の写真を撮る姿に憧れ写真の虜となる。
帰国後、独学で写真を学ぶ1999年 アイルランドに1年間語学留学
2000年 パリでフォトグラファーとして活動
2001年 帰国してから日本で写真家として活動
Exhibitions
2002年「Les Photogenique` a` paris」(日本橋 ブラジレーロ)
2003年「Nora」(日本橋 ブラジレーロ)
2009年「Baby Project」(代官山 UPSTAIRS GALERRY)
2014年 大型客船「にっぽん丸」の専属カメラマンとして世界各国、全国各地を周る。
2015年 グループ展 「Bon Voyage」(世田谷 Apart Gallery)
2015年 ウェディングフォト「KNOT」を立ち上げる

私の行き着く先にはいつも結目があり、それが繋がりつづけ私の人生が成り立っているといつも思っていました。
そして、この言葉を初めて聞いたときにとても自然に自分の心にフィットしたのです。

私はKnotで撮影したご夫妻が、末長く船の進む速度のようにゆっくりと確実に進み、
ロープの結目のように固く結ばれていて欲しいという思いを込めて「Knot」という言葉を選びました。

このKnotの錨とロープのロゴマークは友人で画家の峰岡正裕夫妻にデザインしていただきました。
Knotではこのように人のつながり、様々な縁がもっとも大切だと思っております。

この「Knot」という言葉に恥じないよう、一枚一枚の写真に思いを込めてシャッターを切っていきます。

全国に出張して撮影を行っております。

ウェディングフォトグラファー直接予約サイト | emily[エミリィ]