新生児(ニューボーン)フォトの基礎知識

ニューボーンフォトとは新生児撮影のことで、生後3週間くらいまでの生まれたばかりのふにゃふにゃな新生児のうちに撮影する記念写真です。 生後1ヶ月を過ぎるとぷくぷくと丸みをおびてくるので、わずかな期間の貴重な姿。

お母さんのお腹の中にいたころの状態に近い、生まれたての姿を残せるので、昨今とても人気が出てきています。

写真を見返すと、出産したとき気持ちを思い出させてくれるニューボーンフォトは必ずとっておきたい貴重な瞬間です。
エミリィのニューボーンフォト出張撮影
photo by Yuki Shimada Photography
エミリィのニューボーンフォト出張撮影
photo by あばたもえくぼ寫眞館
エミリィのニューボーンフォト出張撮影
photo by アトリエカーシャ

ニューボーンフォトで、この絆をずっと

生まれてきてくれた感謝の気持ちを込めて、赤い糸と一緒に親子の絆を1枚に

用意するのは赤いひも一本とお手軽ですが、アクセントになってとってもおしゃれ!

hifumi studio

photo by hifumi studio

新生児でないと撮れないふにゃふにゃの赤ちゃんフォト♪

生まれたばかりのふにゃふにゃな状態だからこそできるポーズで。
ただし、赤ちゃんの身体はとてもデリケートなので、プロにポージングをしてもらうようにしましょう。

Yuki shimadaのニューボーンフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのニューボーンフォト

神聖なオーラ漂う神秘的なニューボーンフォト

黒バックやモノクロの写真にすることで、とっても神秘的な写真に。

Yuki shimadaのニューボーンフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのニューボーンフォト


バスケットで眠る赤ちゃんが可愛すぎます

小さなバスケットにすやすや眠る姿はまるで芸術のようです。

おくるみでキュッと結んであげるショットは、赤ちゃんも眠りやすく、写真にバリエーションが出るのでオススメです。

Yuki shimadaのニューボーンフォト
シドニー・クリエイティブフォトグラフィーのニューボーンフォト

名前を背中に乗っけて❤️

考え抜いた名前のロゴを背中に乗せて、世界に唯一無二の写真に。

うつぶせポーズと、ママのおなかの中にいたときの姿勢に近い、脚を小さくたたんだポーズは人気です。
生まれてからの日数が早ければ早いほど寝ている時間が多いので、おなかの中にいた時の丸まったポーズが撮りやすいのです。

逆に生まれてから時間が経つほど起きている時間も多くなり、ミルクを飲んで脂肪ももりもり付いてくるので、おなかに中にいた時のような丸まった姿勢がとれなくなってきます。
生後なるべく早めに撮影をおすすめしているのはそのためです。

Yuki Shimada Photography

photo by Yuki Shimada

ニューボーンフォト(新生児フォト)の最大のメリットは、なんといっても出産の喜び、感謝の気持ちをそのままとっておくことができること。
新生児期の赤ちゃんの成長は本当にびっくりするくらいのスピードで、気が付いたらあっという間に大きくなっています。

生まれたての姿を最高に可愛らしく、ずっと飾っておきたくなるような写真に。
プロのカメラマンにしかできないニューボーンフォトを撮ってもらいましょう!

よくあるご質問

Q. 予定日を基準に日程を決めて予約したあと、実際の出産日が前後した場合はどうなりますか?

A. 1週間程度の前後であれば、予定通りのスケジュールとなります。
撮影日以降のご出産になりそうな場合などは再調整できますので、ご相談ください。


Q. 撮影に最適な時間帯はありますか?

A. 赤ちゃんが熟睡できる時間がベストです。撮影直前に、できれば授乳もしくはミルクをたっぷりあげて頂き、撮影に入ったタイミングで寝てもらい撮影に入るという形で行いたいので、授乳スケジュール的に調整いただくよう、お願いしています。


Q. 撮影に使う小物は、どんなものがおすすめですか?

エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影
エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影
エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影

A. ふわふわしたもの、淡い色合いのものが、赤ちゃんの可愛らしさを引き立てることができ特におすすめです。
撮りたいものがあればご準備ください。

  • 赤ちゃんが入るサイズのカゴ
  • ふわふわのブランケット
  • おくるみ 
  • ビーズクッション
  • お祝にもらったおもちゃ
  • 名前のアルファベット入りのブロック
  • 女の子なら頭につけるリボンやお花
  • ニット生地のコスチューム
    など


アイテムは下記サイトで購入もできます:

VERY BABY(ニューボーンフォト撮影グッズのお店ベリーベイビー)


Q. 準備などはありますか?

A. 自然光での撮影となりますので窓から陽が差す場所をあけておいてください。
また、簡易セットを組ませて頂きますのでイスとクッションなどをお借りすることをご了承ください。


Q. オススメのポーズはありますか?

A. 人気が高いのが、うつぶせポーズとママのおなかの中にいる姿勢に近い脚をたたんだポーズ。
生まれてからの日数が早ければ早いほど寝ている時間が多いので、おなかの中にいた時の丸まったポーズが撮りやすいのです。
逆に生まれてから時間が経つほど起きている時間も多くなり、ミルクを飲んで脂肪ももりもり付いてくるので、おなかに中にいた時のような丸まった姿勢がとれなくなってきます。生後早めに撮影をおすすめしているのはそのためです。
ただし、赤ちゃんの状態によってできないポーズもあるので、その時の様子を見て色々な写真を撮影します。

また、赤ちゃんの小さな身体のパーツも撮っておいてもらうと良いでしょう。

エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影
エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影
エミリィのニューボーンフォト、新生児写真撮影
Yuki Shimada Photographyの出張撮影 ニューボーンフォト
Yuki Shimada Photographyの出張撮影 ニューボーンフォト
Yuki Shimada Photographyの出張撮影 ニューボーンフォト
Yuki Shimada Photographyの出張撮影 ニューボーンフォト
photos by Yuki Shimada Photography

この記事に関連するキーワード